bne-web-creations/便利なモバイルWiFi活用術
*

WiMAXの通信量と利用制限について/7GBとギガ放題

WiMAXはモバイルWiFiルーター端末の一つで、自宅でも外出している時でもネットが利用でき、それに加えて月毎の通信量も上限なしとされているため、今現在で最も人気の高いWiFiルーターだと言って過言ではありません。

ポケットWiFiと言われているものは、一定期間内に使用可能な通信量や電波の種類が違うのが通例なので、利用目的により選定すべきモバイルWiFiルーターも異なるのが一般的です。

モバイルWiFiの月額料金を他よりも随分と低くしている会社の場合、「初期費用が高額」です。そういう背景から、初期費用も考えに入れて決断することが必要不可欠です。

毎月のデータ通信の上限がないWiMAXギガ放題の項目別料金を、プロバイダー毎に比較して、低コスト順にランキング化してみました。月額料金だけで選定すると、あとで後悔します。

WiMAX2+の拡販キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが複数ありますが、キャッシュバックキャンペーンを謳っていないプロバイダーも存在していますので、気を付けなければなりません。

WiMAXの通信エリアは、着実に時間を使って伸展されてきました。その為、今では街中は当たり前として、地下鉄駅などでも接続することができないということがないレベルにまでになったのです。

 

ワイマックスと言うと、もちろんキャッシュバックキャンペーンが注目を集めますが、ここ最近は月額料金を引き下げることができるキャンペーンも人気抜群です。

WiMAX2+のギガ放題プランを選べば、ひと月7GBというデータ使用量の制限はなくなりますが、3日間で3GBを越しますと、速度制限を受けるということを忘れないようにしてください。

どのタイプのモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限が設けられています。ですが無茶な使い方をしないようにすれば、3日間で3GB分利用することはほとんどありませんから、それほど頭を悩ます必要はありません。

ポケットWiFiという呼称はソフトバンク(株)の商標でありますが、概して「3Gであったり4G回線を介してモバイル通信をする」場合に不可欠なポケットに収まるようなWiFiルーター全般のことを指すと言っていいと思います。

LTEに負けず劣らずの高速モバイル通信が行えるWiMAXという通信規格も注目を集めています。概ねノート型PCなどで使われていて、「好きな時間に好きな所で高速WiFi通信ができる!」というのが一番の魅力ではないでしょうか?

 

ワイマックスを向上させた形で発売されたWiMAX2+は、今までの3倍もの速さでモバイル通信が可能なのです。もっと言うと通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTE回線も利用可能になるのです。

モバイルルーターに関しましては、種類がいくつかありますが、1個1個備えられている機能が違っています。当ウェブページでは、個々のルーターの機能とか仕様を比較・確認いただけます。

スマホで利用しているLTE回線と形の上で違っている点は、スマホはそれそのものが直接的に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを介して電波を受信するというところです。

「速度制限が掛けられるのはなぜか?」と言いますと、モバイル用に提供された通信回線に一時的に多くのアクセスがあると、そのエリアでモバイル機器などを利用中の人すべてが、なかなか繋がらなくなるとか速度が不安定になってしまうからです。